メインイメージ

全国に会場があります

中古車オークションは全国に会場があります

車を買いたい時に新車か中古車かの選択がまず初めに悩みどころとなるのではないでしょうか。それぞれにメリットやデメリットがあるので、それを踏まえるとどちらの選択肢も別の良さがあるという事です。
それでも最新のモデルを選択するのでなければ中古車でも良いのかも知れません。

中古車を購入するならば中古車専用の販売店を見て回ったり、インターネットで中古車販売のショップのホームページを探す事が一般的な車選びという事になるのかも知れませんが、その他には中古車オークションという方法もあるようです。勿論一般の人が中古車オークションの会場に立ち入って、直接自分で入札する事は出来ない規定となっています。それにはオークション主催者が全国に所有しているオークション会場の会員に登録をされないと、入札はおろか会場へ足を踏み入れる事も許されていません。

中古車オークションのメリットを利用するならば、やはり中古車オークション代行業者に依頼をする事がベストではないでしょうか。その場合は在庫を持っている業者よりも、オーダーメイドのシステムで営業をしている業者の方が余計なコストを手数料に上乗せされる事も無く、必要最低限の手数料で済むかも知れません。在庫を持っている業者はその車の維持や駐車スペースの確保の為に毎月一定のコストが掛かるので、その分を上乗せする必要もあるでしょう。

オーダーメイドで代行をやっている業者ならば、正式な代行を依頼をしてから業者は中古車オークションへ行って入札をします。依頼者の希望を最大限に実現できるような車を探す事も出来ます。一般的に業者が中古車オークションで落札した車を店頭で販売する時には、落札価格の2倍程度になっているようです。それは落札をしてからお店までの輸送をする為の費用や、その他の手数料、お店の利益が付加される為という事です。

反対に車買取業者で買取を希望した場合には、オークションで取引をされている価格の6割程度の価格となる事が一般的のようです。それもまた手数料やその他のコストが掛かる為という事が理由となっているのでしょう。

中古車オークション代行業者ならばこの中間のコストが上乗せの費用として掛からないので、落札価格に必要な車の輸送費や代行に関する手数料の支払いだけで済むので、中古車センターで購入をするよりも安い価格で購入が出来る事になります。こういった代行業者はインターネットを検索すると多くの業者を見つける事が出来ます。その中でも業者の選択については重要となるかも知れません。