メインイメージ

内装評価について

中古車オークションにおける内装評価について

中古車オークションでは装備や外装などに対しても評価されますが、内装評価も大きな影響をあたえるポイントです。中には外装よりも内装を重視する人もいるため、あまり軽く見ていてはいけません。
内装評価は6段階に分かれています。S、A、B、C、D、Eです。Sランクは未使用の中古車につけられる評価なので、数はあまり出回りません。Aランクは良い評価になります。Aランクは、修繕をする必要がない。または、必要性が低いもので、そのまま展示することができる内装の中古車です。具体的には、目立たない小さな破れや軽い焦げ、または簡単にとれる汚れなどがあっても、全部で3箇所までのものです。また、大きな部品の欠品がないものです。Bランクは、修繕の必要性が低いものや、不具合があってもその内容が商品価値にそれ程影響を与えないものです。具体的には、小さな破れや軽い焦げ、擦れ、ビス穴などが数か所程度のもの、小さな焦げ穴やダッシュボードの小さな浮きがあるもの、簡単に除去できる汚れがあるものです。
Cランクは、軽い修繕を必要とするもの、また、不具合の内容が商品の価値を下げるものです。具体的には、焦げや焦げ穴、擦れ、破れ、目立ったビス穴、ダッシュボードの大きな浮き、小さなヒビ割れなどがあるものです。また、汚れはあるが、クリーニングをかけることによってBランクに改善できる見込みがあるものです。
Dランクは、明らかに修繕を必要とするものです。数多くの焦げや破れがあり、張替えを必要とするもの、大きく変形しているダッシュボード、クリーニングをしても落ちない汚れがあるものです。
Eランクは、大きな修理を必要とするものです。ダッシュボードに目立つような大きなヒビ割れなどがあり、交換しなければならないもの、内装のシートなどに酷い汚れがあったりヘタれていたりするもの、強い異臭がして、そのままの状態では展示することが出来ないものなどです。
中古車オークションではこれらの内装評価でランクがつけられます。購入する時はもちろん、高いランクの方が良いのですが、例えば、Bランクの中古車を安く購入し、クリーニングをかけてAランクの車にするという方法もあります。また、逆にオークションに出す時はクリーニングなどに出して、綺麗にしてから中古車オークションに出品し評価をあげるという方法もあるでしょう。
中古車オークションでは外装だけでなく、内装も大きく評価されます。