メインイメージ

納車までの期間

中古車オークションを利用した時の納車までの期間

中古車オークションで車を購入する場合は専門の買取業者など特定の人に購入が限られており、一般ユーザーが直接入札することは出来ません。しかし中古車オークション代行業者という業者がいて、一般ユーザーはこの業者の代行を受けてオークションに出品されている車の購入が可能になります。
中古車オークションの会場にて、こうしたオークション代行業者を含めた、車買取を取扱う業者の間で会場内の出品された車を競り合って落札が決まります。落札価格は出品希望者の方から希望する販売価格が設定されており、入札が繰り返されても希望通りの落札価格に満たない場合は、取引が保留になることもあります。
代行業者は購入を希望する一般ユーザーの利用者に、希望に合った車を会場内で探し情報を提供します。この車探しのサービスが行われる中でユーザーが自分の購入したい車が見つかりましたら、代行業者に入札を依頼します。こうして代行業者の方から希望の車に入札を行い、落札されたら納車までの手続きを行います。
中古車オークションで落札された車がオークション代行業者によって希望ユーザーに納車されるまでは、ある程度の期間を要します。落札された車の出品者が名義変更などの手続きに必要な書類をオークション会場に送り、落札者は落札した金額をオークション会場に支払うことになります。出品者側の書類が届いたことが確認されたらオークション会場から出品者に落札価格が振り込まれれるのですが、落札者からの入金が確認出来た際にオークション会場は落札者に車検証や印鑑証明書などの必要書類を渡すことになります。
こうした一連の流れはすべてオークション会場を経由してのやり取りとなり、出品者と落札者が直接取引するわけではありません。また購入希望のユーザー側も車の落札が決まりましたら諸費用を含めた料金を代行業者が指定する口座に振り込みます。オークション代行業者の店舗に落札された車が入庫されたら、名義変更などの必要書類の手続きを済ませます。こうした流れがあり納車までの期間にはある程度の時間がかかります。一週間以内の期間が必要な場合からそれ以上の期間が必要な場合もあります。直接中古車を購入する場合とは違って、名義変更などの手続きが2段階で行われることになるので、通常よりも少し日数がかかることを見込んで購入を検討すると良いでしょう。オークション代行業者から購入したい車が決まりましたら、納車までの期間にどのくらいかかるか事前に確認しておくことも必要でしょう。